消費者金融 審査

消費者金融の審査

消費者金融の審査

消費者金融の特徴としては、高金利であっても審査が早くて柔軟で利便性が高いといった点が挙がります。

 

銀行での融資を受ける事が出来ない顧客を迎え入れる体制がある事から、消費者金融では銀行には無い利点として審査のハードルを下げて様々な方が利用しやすいようにしたり、銀行には無い利点を前面に出してサービスを提供しています。

 

消費者金融でもCM等で流れている大手業者を利用している方は多く、社会的にも信用がありますから初心者でも安心してカードローン審査に挑む事が出来るようになっていますが、銀行でも大手消費者金融でも返済能力を認めて貰わないと審査に通過する事が出来ないものです。

 

実際に銀行や大手で断られるという例も多々ありますが、消費者金融の中でも中小業者はさらに審査が緩くて幅広い客層が利用出来るようになっています。

 

現在進行形で借金を抱えていて、延滞や滞納を行っている場合は審査に通る事は難しいですが、過去に債務整理等の金融トラブルがあったとしても、相談に応じてくれる中小業者は多いですから、大手業者で審査クリア出来ない時には中小業者を活用すると良いでしょう。

 

即日融資を受ける事は難しい傾向にある中小業者ですが、過去の借金トラブルが原因で大手の審査に通らない時には一度相談してみるのも良いですし、借り入れに成功した場合はルール通りに完済させて信用を高めていけば、将来的に大手業者の審査にも通る可能性が高まりますから、金利設定が20.0%以下の法律の範疇で経営している中小業者を選択して活用すると安心です。

 

 

キャッシングの返済方法

キャッシングをこれから利用する方にとっては、返済について知っておくのはとても大切です。キャッシングは借りるだけじゃなくて返済までが仕事ですから。キャッシングで実際に借りた後に、いざ返済をするときにはどういう手段で行うのか?知っておきましょう。

 

キャッシングで借りたお金を返済するときにはいくつかの返済方法があります。大きく分けると一括払い(1回払いという場合もある)と分割払いになるでしょう。一括払いというのは、お金を借りた後、返済をする際に借りたお金とそこから発生した利息をまとめて全て支払うものになります。

 

借りてからどれくらいの期間が経っているか?にもよりますが、基本的には分割払いよりは、こちらの方が早く全て返済できることが多いでしょうから、利息も少なくて済みますし、非常に合理的ということが言えると思います。一括払いを選択する人はそこまで多くないかもしれませんけど、借りた金額がそこまで大きくなくて、毎月の給料やボーナスなどが入る予定があって、それで全て返済ができるという見込みがあるならば、こちらを選択したほうが良いでしょう。

 

キャッシングの返済方法としては代表的なのはこの2つですが、一括払いの方が便利というのは知っておくと良いでしょう。

キャッシングの審査で有利になる雇用形態とは

アルバイトの人はキャッシングの審査が厳しいというイメージを持っている方は多いと思います。やはり、キャッシングの審査のポイントになるのは給料の額です。

 

申し込みをする時には、収入がどれくらいなのかを会社側が知るために収入証明の提出が必要になりますが、それによって融資の額が決まったり、利用自体ができないという判断が行われます。

 

確かにアルバイトの場合には年収が一般的な会社員に比べると低いという現象が起こります。それは、すべてが時給で計算されて、休みの日などは無給の状態になりますから、どうしても月によって給料に差が出てきます。

 

そして、ボーナスなどもありませんから、結果的に年収が少ないという印象を持たれるのは仕方がないことではあります。それゆえに返済が難しくなるという可能性があるため、審査が厳しくなるというのは確かです。しかしながら、ちゃんと働いて継続的に給料を得ているという方であれば、他の一般的な会社員と同じように審査に通ります。

 

ですから、恐れることはなく、仕事をしているという状態で申し込みをすることで、契約状態に関係なく審査に通ることができるわけです。なるべく社員化への誘いがあったら受けるようにすることも、キャッシングの審査で有利になるのには欠かせません。

学生がキャッシングを利用するために必要な2つの条件

学生でもキャッシングを利用することはできるのでしょうか。結論から言うと、キャッシングを利用することはできます。しかし、そのためには2つの条件が必要です。それは何でしょうか。

 

まず1つ目の条件は満20歳以上であるということです。学生でも10代の場合にはキャッシングを利用することはできません。それで、年齢の条件を満たしておくことは必須です。

 

2つ目の条件は何でしょうか。それは収入があるということです。とはいえ、学生の場合には会社勤めすることができませんので、アルバイトでも大丈夫です。さらに、どのような条件だと審査に有利になるのでしょうか。それは同じ職場でアルバイトを長く行っている、つまり勤続年数が長い。さらには収入の額が大きい、つまりアルバイトの時給が高いと審査にはより有利になります。

 

以上に2つの条件を満たしているのであれば、学生だとしてもキャッシングを利用することはできます。とはいえ、注意も必要です。それは借りすぎないということです。特に、アルバイトをしていて収入があると言っても、会社勤めをしている人からすると限られています。それで、借り入れ金額を少なくして、本当に必要な金額だけを借り入れるようにしましょう。