銀行ローンとキャッシングの違い

銀行ローンとキャッシングの使い分けについて

個人がお金を借りたい時に手段としては、銀行ローンとキャッシングがあります。

 

銀行ローンもキャッシングも使用用途に関しては制限が無く、収入に応じて限度額が金融機関や金融会社の審査で決まります。

 

限度額までであれば、一度に借り入れしたり、何回でも借り入れしたりする事ができ、支払いなど様々な事に使えます。

 

借り入れしたお金には利息が発生しますので、利用者は返済の際に利息分を含めた金額を返済していく事になります。

 

銀行ローンとキャッシングは別々の融資サービスですので、併用を行う事ができ、銀行ローンに至っては総量規制と呼ばれる仕組みの対象になっていませんので、審査さえ通過すれば

 

、高い限度額を設定してもらって利用する事も可能です。

 

キャッシングは、消費者金融会社や信販会社など貸金業法の下で営業を行っている会社がサービスを提供していますので、複数の業者のサービスを利用した場合、年収の3分の1の総限度額を超えた時、新規契約が出来ないといったデメリットが存在します。

 

銀行ローンとキャッシングを併用すれば、キャッシングのデメリットをカバーする事が出来るようになり、融資サービスの利便性が向上します。

 

多くの融資を受けたい時には工夫をする事で実現します。