消費者金融の在籍確認

消費者金融のカードローンを契約する際、審査段階で勤務先への在籍確認が行われるものの、突然行われるというものではありません。

 

今では、インターネットから簡単に申し込みが出来るものの、いつ在籍確認が行われるのか不安になってしまいます。無人契約機から申し込みをする場合、オペレーターが本人確認を行った後、勤務先への在籍確認を行いうことを伝えてくれるのが一般的です。

 

では、インターネットから申し込んだ場合、事前に在席確認のアナウンスがされるかと言うと、答えは『YES』になります。申し込み内容と本人確認を行うため、在席確認の前に携帯電話や固定電話に電話が行われます。この際、勤務先への在籍確認を行う旨がしっかりと伝えられるため、業務中の電話が掛かってきたとしても、安心して対応することが出来ます。

 

突然、名前も知らない人から勤務先へ電話が掛かってくるというのは、不安や不信感を与えてしまうものの、事前連絡があることで身構えて対応が出来ます。また、同じオペレーターが電話連絡をしてくれるため、応対することにも少なから余裕を持つことが出来ます。

 

さらに、勤務先に電話を取れる人が少ない時間帯の場合、オペレーターに話をすることで時間の配慮を行ってもらえるだけでなく、在籍確認が分け合って出来ない旨を伝えることで社員証や源泉徴収票、給与明細といった勤務先名・住所・自身の氏名が記載された書類で代用する相談も可能になっています。