キャッシングの返済方法

キャッシングの申込み先を選ぶ際には、金利と返済額を気にしても返済方法に拘る人が少ない状況にあります。銀行カードローンでは、返済方法を気にする人が一定数いるものの、消費者金融については多種多様な返済方法が採用されているにも関わらず、返済方法を気にしている人が少ない状況です。

 

しかし、金利が同じであっても返済方法により、返済回数に違いが出てしまうので、返済方法による比較を行なうことは重要なことです。

 

最も返済回数が多くなりがちな返済方法には、残高スライド元利定額リボルビング方式があります。毎回返済する額が借入残高により段階的に減少するので、返済額に対する元金が占める割合が常に少ない状態となります。結果的に最も返済回数が伸びてしまうので、総利息が増えてしまいます。

 

借入者にとっては返済額が徐々に減るので返済が楽に感じますが、金融業者にとっては利息を最も多く取れる方法として採用する業者が多いです。逆に最も返済回数を少なく出来る返済方法は、元金均等返済となります。

 

追加借入を行わない限り、借入総額を元金返済額で割るだけで誰でも返済回数を計算出来るので、計画的な返済に適しているわけです。金融業者としては利息を最も取れないので、選択出来る金融業者の数は少ない傾向にあります。